2010年7月16日 (金) 【日向】第2回『彼岸より愛をこめて』

今週は宣伝から。
7/15(水)に世界樹の迷宮ⅠとⅡのアトラス・ベストコレクション、
7/17(土)には世界樹の迷宮Ⅲ〜星海の来訪者〜公式設定画集が発売されます。
それに合わせて世界樹の迷宮Ⅱ・Ⅲとお世話になりっぱなしのゲームの食卓様に再び特集を組んでいただきました!
ぜひチェックしてみてください!

というわけで二度目ましてこんにちわ、キャラクターデザインの日向悠二です。
プレイ中にぶつかる困難を片っ端から開発スタッフに解決してもらおう企画第2回。
相変わらずネタバレ要素を多分に含みますので、ネタバレが困るという方はご注意ください。

あちらを立てればこちらが立たぬ------------------------------------------------------------

さてプレイした方はご存じの通りこのゲームはマルチエンディングとなっており、中盤の選択肢によってストーリーが大きく二つに分かれ、それぞれ全く異なる結末を迎えます。
『海都』と『深都』、どちらの勢力に加担したかでみんなが幸せになったりならなかったりするわけですが、
・B16Fの開かない扉はどうやって開けるの?
・欠片とかお椀とかもらったけど、これどう使うの?
・海都の姫と深都の王を会わせることはできないの?
・フカビトの王子と結婚できないの?
などなど、解決しない疑問もちらほら。
このモヤモヤをスッキリさせるため、通りすがりのディレクター兼シナリオの小森成雄さん(仮名)に疑問をぶつけてみました。

---

日向「果たして、僕の選択は本当に正しかったのだろうか?」

小森「自分の心の思うがままに行うことが正しい選択肢なのです!」

---

よかった、やっぱり僕の選択は間違ってなかったんだ!
深都発見時の選択肢で海都と深都の両方にいい顔してると●●階到達後に海都と深都のそれぞれでキーアイテムを入手でき、第●階層のボスを倒したらそのまま踵を返して断罪の間へ向かえば第三のルートに突入できたけど、それでよかったんだ!

というわけでなんと、知られざる第三のルートが存在するのです。
もちろんこれが正しいとか間違ってるとかではなく、あくまで「自分の心の思うがままに行うことが正しい選択肢」です。
三つ目の選択肢として、ぜひもう一つの真実に刮目してください。

え、そんなことWiki見て知ってる? 攻略本に載ってた? 白々しい? 
いやでもほら、こんなややこしい条件なんて普通にプレイしてたらわかりっこないじゃないですか。
ていうか僕がわからなかったんだから仕方ないじゃないですか!
誰も教えてくれなかったんだもん! 教えてくれよ!

・・・ん?

ややこしい条件・・・わかりっこない・・・選択肢・・・「教えてくれよ」・・・
おや? そういえばもう一つ、前半に大きな選択肢がありましたよね。

かくもこの世は悲劇ばかり------------------------------------------------------------

そう、僕の心をポッキリ折ってくれたことでおなじみ、アガタとカナエのイベントです。
古代魚の巣の場所を「教えてくれ」と言うアガタに、「教えてくれるな」と懇願してくるカナエ・・・
どちらかが必ず死んでしまうこの悲劇も、もしかしたら回避できるのかもしれない!
この素晴らしい閃きに解答を得るため、公園で膝を抱えてぼんやりしていたディレクター兼シナリオの小森成雄さん(仮名)に疑問をぶつけてみました。

---

日向「ムロツミの二人を助けるにはどうしたらよいですか?」

小森「3Fの赤foeであるカバがいます。
   アガタが向こうへいく方法を教えてくれ、というあの場所の敵です。
   あのとき、foeをかわさず、倒して先に進むと、
   アガタがプレイヤ達の腕に見惚れ、
   自分もその域に近づこうと努力してその結果なんと・・・!
   というようなイベントをいれようかなーと思ったころもありました。
   が、今現在、簡潔に答えると「無理」です。

---

無理でした。なんという残酷な現実・・・!
しかし二人が助からないと判明した今、やるべきことは決まりました。
実はアガタとカナエのどちらかが死んでしまうイベントは、最初から非協力的な態度に徹すれば発生しません(もしかしたら発生してるかもしれないが、そもそも非協力的なプレイヤーからしてみれば知ったことではない)。
つまり発生しなくなったイベントは脳内ででっちあげてしまえばいいわけです。
これを脳内補完といいます。

色々つっこみたい気持ちもわかりますが、第一階層でツンツンしてれば第二階層以降はどうせ出てこないんだし、そこからはどうデレデレしようがそれは僕の勝手なのだ!
こうしてムロツミの二人は我がギルドに温かく迎えられたのでした。

めでたしめでたし。

追記:伏せ字入りました!